ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体の効果は?5つの肌トラブルに優秀だった!

 

ビタミンC誘導体といえば美白効果というイメージが強いですが、美白以外にも様々な効果が期待できます。どんな効果があるのかをまとめてみました。

 

肌の悩みに嬉しい効果がたくさん

 

大きく分けると

  • 抗炎症効果
  • 抗酸化作用
  • メラニン色素の除去・抑制
  • 皮脂の分泌量の調整
  • コラーゲン生成の促進

 

などの効果が期待できます。

 

それぞれどんな症状に効果があるのかを詳しくまとめてみます。

 

ニキビなどの炎症に効果あり

 

炎症には様々なものがありますが、そのうちの一つがニキビです。ニキビができた跡には痛々しいほど赤みが出てしまいますが、ビタミンC誘導体にはあの赤みを抑える効果があります。

 

また、ニキビができてしまう原因の一つに皮脂の過剰分泌がありますが、ビタミンC誘導体には皮脂の過剰分泌を抑える働きがありますので、ニキビができるのを予防してくれます。

 

また、できてしまったニキビを悪化させる原因となる活性酸素を取り除く抗酸化作用もあるので、ニキビを治すのにも効果があります。

 

ニキビができてしまった後には炎症後色素沈着も心配です。ニキビなどの炎症ができているときに刺激を与えすぎると、色素沈着が起きてシミができてしまうんです。

 

しかし、ビタミンC誘導体には色素沈着を防ぐ働きもあるので、こういったシミも予防することができます。

 

ただし、ビタミンCだけでニキビが完全に予防できるわけではありません。ニキビの予防に力を入れたいのであれば、しっかり保湿を行うことも大切です。

 

ビタミンC誘導体を使うとつっぱりや乾燥を感じるという人もいるので、保湿を心がけるようにしましょう。

 

シミができるのを防ぐ

 

メラニンが代謝されずに肌に残ってしまうとシミになってしまいます。メラニンが作られる理由は様々ですが、紫外線や活性酸素の増加などが主な原因です。

 

ビタミンC誘導体は、そのメラニンが作られるのを防ぐことができます。

 

しかし、メラニンを作る原因となるチロシンの働きを抑えることができるだけなので、すでにできてしまったシミに対してビタミンC誘導体は何もすることができません。

 

つまり、シミができてしまう前にしっかりビタミンC誘導体を使ってスキンケアをする必要があるということです。

 

じゃあ、シミができてしまっているなら使う意味がないのか、というとそういうわけではありません。

 

今後できるシミを予防することはできますし、老人性色素斑と呼ばれるシミであれば色が濃くなるのを防ぎ、少しでも目立たない状態で維持することはできるんです。

 

ただし、遺伝などによってできてしまうそばかすの予防には効果がありません。他にも、肝斑にはあまり効果を発揮できないようです。

 

とはいっても、シミを完全になくしたい、と思っている人は満足いかないかもしれません。そういう人はレーザー治療を皮膚科で受けることをおすすめします。

 

輪ゴムで弾かれた程度の痛みと高額な費用が必要となりますが、高確率でシミを取り除くことができます。

 

毛穴が開くのを防ぐ

 

毛穴が開いてしまっていると見た目に大きな影響が出てしまいます。

 

毛穴が開く原因にはたるみや皮脂の過剰分泌などがあります。これらにはビタミンC誘導体は効果を発揮してくれます。

 

皮脂の過剰分泌はともかく、たるみはどうして改善できるのか、ということですが、たるみの原因は肌の奥で肌を支えているコラーゲンの減少で、そのコラーゲンの生成をビタミンC誘導体は促進することができるからです。

 

もしたるみを本格的に改善したい、ということであれば、刺激は強いのですが、レチノール化粧品がおすすめです。

 

シワの悪化を防ぐ

 

ビタミンC誘導体ではシワを完全に消すことは難しいです。しかし、シワが深くならないようにすることは可能です。

 

たるみと同じく、コラーゲンの減少によってシワはできてしまい、そのままコラーゲンが減少するとシワはどんどん深くなってしまうんです。

 

そこで、ビタミンCでコラーゲンの生成を助けてあげれば、シワが深くならないようにすることができるんです。

 

ただし、深いシワ(ほうれい線など)や皮膚の固い額のシワなどには効果を発揮できないので、そういったシワをケアするためにはほかの方法を考えなければなりません。

 

 

くまの改善にも効果あり

 

くまには色素沈着によって引き起こされる茶ぐま、たるみによって引き起こされる黒ぐま、血行不良などによって血管が見えてしまうことによって引き起こされる青ぐまなどがあります。

 

上記の通り、色素沈着、たるみなどはビタミンC誘導体で改善することができますし、青ぐまもコラーゲンを増やすことによって改善することができます。