シミ対策 30代

シミ対策の方法(30代)

 

10代や20代は若いので肌の代謝も活発で、なかなかシミやくすみに悩まされることはなかったと思います。

 

しかし、30代になってくるとシミが徐々にでき始めてきます。それは、コラーゲンなどの肌の保湿をしていた成分が減っていってしまうからです。

 

保湿は美肌の基礎ともいえるもので、保湿力がなくなった肌は紫外線など外部からの刺激に弱くなってしまうんです。

 

紫外線はシミの原因となるメラニンを作り出してしまうので、その刺激を受けやすくなった肌はシミが増えていってしまうんです。

 

また、シミができやすくなってしまう原因は生活にもあります。子育てや出産でスキンケアの時間をしっかり確保できず、紫外線にさらされる時間も増えてしまいます。

 

 

また、仕事をしていると仕事での責任感も増してきて、ストレスも溜まってきてしまうんです。

 

これらのことからも分かるように、30代はどうしてもシミができやすい時期なんです。

 

また、このころに浴びた紫外線などは40代になってシミとなって現れることもあります。

 

30代でシミが出ないからと油断していると、40代になって大変なことになる可能性もあります。

 

 

30代のスキンケアで気を付けてほしいこと

 

30代になって大切なのが、肌の保湿です。

 

20代や10代のころにはたくさんあったコラーゲンも、どんどん減少して保湿力が低下しているので、積極的に保湿を行って、肌を外部の刺激から守ってあげなければいけません。

 

保湿をしっかり行えば、バリアとしての肌のもともとの働きが強化されるんです。肌の新陳代謝であるターンオーバーも保湿を行うことで促進されます。

 

肌のターンオーバーによって、古い肌が剥がれ落ちて新しい肌になることで、肌に溜まったメラニンも古い肌と一緒に肌から取り除かれるんです。

 

当然シミの原因が取り除かれるわけなので、シミも減っていくんです。

 

肌のターンオーバーを促進することは予防にもシミを消すのにも有効なので積極的に行っていきましょう。

 

参考

シミを消すにはターンオーバーが重要

 

 

保湿以外にもビタミンCなどが含まれる飲み薬を摂取することでも促進することができます。

 

食べ物から摂取しようとすると、ビタミンCは調理で壊れてしまう可能性が高かったり、柑橘類は光毒性と呼ばれる紫外線の影響を受けやすくする作用もあったりするので飲み薬での摂取がお勧めです。

 

保湿だけでなく、シミの原因となる紫外線から肌を守ることも大切です。

 

紫外線は夏や春だけでなく冬にも降り注いでいるので、紫外線対策は1年中行うようにしましょう。

 

また、ストレスとの上手な付き合い方も見つけて、自分に合ったストレス解消法をみつけましょう。

 

 

関連記事

APP-Cフラセラムの口コミ@産後のシミ消しに使ってみました!