シミ メイク

シミを消したいならメイクをしっかり落とすことから!

 

シミの原因には様々なものがあります。紫外線ストレス不摂生、生活のあちこちに原因があると言ってもいいでしょう。

 

しかし、意外と多くの人が見落としがちなのがメイクです。

 

メイクは汗や涙で落ちてしまわないようにできていて、化粧直しをする機会が減るのはうれしいんですが、その分メイクを落とすときには非常に厄介です。

 

メイクが残るのがどうしてシミに繋がるのでしょうか?もちろん、メイクがシミそのものに変化するわけではありません。

 

メイクがシミの原因になってしまうからといって、メイクをしないわけにはいかないと思いますので、メイクがどうしてシミの原因となってしまうのか、メイクがシミの原因とならないようにするのにはどうすればいいのかをここではまとめてみます。

 

日ごろからメイクをしっかりしている女性はぜひ参考にしてみてください。

 

 

シミの原因となるのはメイク残しです

 

メイク自体がすぐにシミの原因となるわけではありません。シミの原因となるのはきちんと洗い流すことができなかったメイク残しです。

 

メイク自体がシミになってしまうなんてことはないので心配する必要はありません。では、メイク残しが具体的にどのようにシミの原因となるのか説明したいと思います。

 

酸化すると悪影響を与えてしまう

 

メイク成分が洗い流されずに肌に残ってしまうと、いずれ酸化してしまいます。その酸化によってメラニンの生成を促してしまう活性酸素を作り出してしまいます。

 

メラニンが多く作られてしまうと、きちんと代謝しきれずにメラニンが残ってしまい、結果としてシミができてしまうということです。

 

メラニンは本来紫外線から身を守ってくれるのですが、活性酸素によって多く作られすぎてしまうと問題となってしまいます。

 

メイクを落とすときにも気を付けなければなりません。

 

メイクを残さないようにしようと力を入れてクレンジングをしてしまうとその刺激が色素沈着の原因となってしまいます。

 

特に肌に炎症がある場合は炎症後色素沈着が引き起こされるのでシミとなりやすいです。

 

メイクを落とすときに限らず、洗顔やスキンケアの際には優しく行うことを心がけましょう。

 

ターンオーバーにも悪影響が?

 

新しい肌が肌の奥で作られ、その新しい肌はターンオーバーによって徐々に表面に出てきます。

 

その時に、古い肌が剥がれ落ち、メラニンなども一緒に体外に排出されます。

 

このターンオーバーは加齢などによっても乱されるのですが、メイク残しによっても滞ってしまうのでは?と思う人がいるかもしれません。

 

しかし、肌のターンオーバーは肌の奥で行われているので、表面にメイクが残っていても関係はあまりないでしょう。

 

それよりも保湿をしっかり行ったり、睡眠をしっかりとったり、肌の材料となるたんぱく質や肌の調子を整えるビタミンなどを積極的に摂取したりすることの方が大切です。

 

つまり生活習慣の見直しが肝心ですね。

 

過剰に心配する必要はなし

肌荒れやシミなど様々な肌トラブルを引き起こしかねないメイク残しですが、そんなにすぐに悪影響が出るというわけではありません。

 

1日程度であればそんなに影響はありませんので、過剰に心配する必要はありません。その程度で悪影響が出てしまうのであれば、そもそもメイクなんてできなくなってしまいますしね…。

 

なので、クレンジングで肌を強くこすったり成分が強すぎて肌に合わないようなクレンジングを使ったりするのはやめましょう。クレンジングによって肌が傷んでしまったのでは元も子もありません。

 

 

どんなことに気を付けてクレンジングすればいいの?

 

では、メイクやクレンジングがシミとなってしまわないためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

 

ここではクレンジングの時に気を付けるべきことをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

肌への負担は小さく

 

メイクを落とすためとはいえ、肌に負担をかけてしまうと逆に肌トラブルを引き起こしてしまうので、クレンジングは徹底的に優しく行わなければなりません。

 

指で強くこすらないようにするのも大切ですが、ゆっくりとやりすぎるのも問題です。ゆっくりクレンジングしていると、その間に肌が乾燥してしまう可能性があります。

 

肌が乾燥してしまうと外部からの刺激から肌を守れなくなってしまうんです。

 

クレンジングを優しく行うのが大切、ということは結構知られているんですが、早く終わらせなければならないということは意外と知られていません。

 

クレンジングを行う際には泡で汚れを落とすように心がけましょう。たるみ予防のマッサージも一緒に行うと一石二鳥です。

 

また、目の周りは敏感なので特に気を付けましょう。シミやシワの原因となってしまいます。

 

ポイントメイクは専用のリムーバーで落とすとしっかりメイクを落とすことができるので、落ちにくい化粧を使っている人はクレンジング剤をしっかり選ぶことも必要です。

 

清潔な手でクレンジング

 

クレンジングを行う前によく手を洗っていますか?クレンジングを泡立てるときに手の汚れなどは邪魔になってしまうんです。

 

ちゃんとクレンジングするためには手をきれいに洗っておくことが大切です。

 

ケチらずにしっかりクレンジング剤を使う

 

クレンジングに気を遣っている人は、結構高価なクレンジングを使っているかもしれません。

 

しかし、そのためにクレンジング剤の消費をできるだけ減らしたくなってしまい、少なめの量でクレンジングしていませんか

 

クレンジング剤をどのくらい使えばよいのかはパッケージに書かれていると思います。その量は少なくとも使うようにしましょう。

 

クレンジング剤が少なすぎると、泡立たず、肌への刺激が増えてしまう可能性があります。その結果色素沈着が起きてしまったのでは本末転倒です。

 

しっかりとクレンジング剤を使い、肌との摩擦を抑えるようにしましょう。

 

お湯でも水でもダメ

 

クレンジングを行うときはぬるま湯を使いましょう。肌の水分を奪うような熱湯、毛穴が閉じてしまうような水では肌に悪影響を与えたり、汚れが残ってしまったりしてしまいます。

 

どのくらいの温度がいいかは皮脂の量によっても変わるのですが、基本的には人肌程度の温度がおすすめです。

 

タオルはおさえるように、保湿もしっかり

 

さっぱりした気持ちよさから、豪快にタオルで肌を擦ってしまいがちですが、タオルの刺激も当然色素沈着の原因となってしまいます。

 

それを防ぐためには、おさえつけるようにタオルを使うのがおすすめです。

 

また、洗顔後の肌は皮脂などが不足しがちですのでしっかり保湿を行うことも大切です。

 

 

クレンジングを優しく行っていれば、美白化粧品などの効果も発揮されやすくなります

 

どんな化粧品がいいかは人によって違ってくるので、インターネットなどでしっかり情報収集をするようにしましょう。