シミ レーザー 種類

シミを取るレーザーの3種類!どんなものがあるの?

 

なかなか消えないシミをレーザー治療で消したい、と思っている女性は少なくないと思います。

 

レーザー治療はどうしても費用が掛かってしまいますが、手っ取り早くシミを消すことができます。

 

レーザーでシミを消すことができるのは、メラニン色素をレーザーで除去することができるからです。

 

メラニンは紫外線から体を守るために作られるんですが、あまりにもメラニンが多く作られてしまうと代謝されきらずに肌に残ってしまい、シミとなってしまうんです。

 

レーザー治療と聞くと怖くなってしまう人もいるかもしれませんが、基本的には普通の肌にはダメージを与えずメラニンだけを除去することができるので、心配する必要はありません。

 

 

治療に用いられる3種類のレーザー

 

レーザー治療に用いられるレーザーには様々な種類があるのですが、ルビーレーザーYAGレーザー炭酸ガスレーザーが主に用いられています。

 

それぞれ使用される場面が違ったり、特徴も様々だったりするので、それぞれのレーザーについてまとめてみたいと思います。

 

レーザー治療を行おうと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

高い威力を誇る ルビーレーザー

肝斑を除き、ほとんどのシミに効果がある威力の高いレーザーがルビーレーザーです。

 

基本的には扁平母斑、太田母斑、老人性しみに対して使われることが多いようです。

 

 

大きいシミに YAGレーザー

YAGレーザーは大きいシミやアザなどに使われるレーザーです。

 

このレーザーではメラニン色素だけを除去でき、周辺の細胞にはダメージを与えないので安全性の高いレーザーです。

 

また、アザやシミの色に効果が左右されることもなく、色の薄いものから色の濃いものまでしっかり除去することができます。

 

 

小さいシミに 炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは小さいシミやほくろ、いぼ、もしくは隆起しているものに対して使われることが多いです。

 

このレーザーでは皮膚を熱で焼き切るのですが、そのまま止血をし、血液を固めることができます。そのため、出血の量は切開などに比べると少なく、傷も早く治ります。

 

レーザーで肌を焼き切ると聞くと怖く聞こえるかもしれません。

 

 

レーザー治療の流れ

 

レーザー治療ではアフターケアが必要となります。

 

ばんそうこうやテーピングなどで患部を保護したり、日焼け止めを塗ったりしなければなりません。

 

施術後は肌が敏感になるので、アフターケアをきちんと行わなければ、悪化してしまったり肌トラブルに繋がってしまったりするので、必ず守るようにしましょう。

 

しっかりとした診断、カウンセリングが行われるので、レーザーの種類や費用、アフターケアの方法などをその時に教えてもらえるはずです。

 

また、多くの人が気になる痛みですが、輪ゴムで弾いたときの痛みと同じくらいとよく言われているので、激痛というわけではないようです。

 

といっても、痛みの感じ方は人それぞれなので、痛みに弱い人は慎重になったほうがいいかもしれません。

 

施術によって局所麻酔が行われることもあるようです。

 

 

濃くなることもある?

 

逆にシミが濃くなってしまった、という話が良くあります。

 

施術が適切なものではなかったり、アフターケアを間違えてしまったりという可能性もあるのですが、人によっては正しい施術、正しいアフターケアを行っていても濃くなってしまう可能性があるようです。

 

確かにシミを手っ取り早く消すことができるのですが、場合によっては美白化粧品でスキンケアを行い、徐々に治していく方がいい人もいるようです。

 

美白化粧品であれば痛みもありませんので、レーザー治療を受けるかどうかよく考えたほうがいいかもしれませんね。

 

私の美白美容液のおすすめはAPPS配合のAPP-Cフラセラムです。
どんなもの?という方は私の口コミレビューもあるので見てみてください。

 

 

関連記事

APP-Cフラセラムの口コミ@1ヶ月使用したシミ消し効果は!?